迷うと進めぬ

こんばんは。

何を書こうか迷うと結局書かずに終わるのがブログというものですね。何でもいいから思いついたことを書けばいいかと。

先日は船橋「喫茶いずみ」の伊藤ご夫妻がコーヒートラムに襲来しました。

伊藤さんは久しぶりの来店でテンション上がっておりました。いや、いつもテンション高いか。カウンターでとめどなく繰り広げられる夫婦漫才。良いご夫婦ですねぇ。

「燻し臭」の話になり、「伊藤さんの言う燻し臭はどういう焙煎をした時に出るものですか?」と尋ねたら、「強い焙煎をした時」と答えられて、ああ、あれのことを言っているんだな、と分かりました。焙煎やっている人だとこういうの分かりやすいですね。

勝手に伊藤さんのことは珈琲業界の癒し系と呼んでいますが、あの天真爛漫さはホント和みます。同時に使徒認定しておりますが。

さて、ストレートコーヒーはまだ変わっておりませんが、次はコスタリカかパプアニューギニアが控えております。変わったらまたアナウンスいたします。伊藤さん言うところの気体感からも離れて、誰にも捉えることのできない珈琲にしていきたいと思っています。

では、もう遅いけど、皆さま、今週もよろしくお願いいたします。

 

広告