珈琲トラムについて

Coffee Tram について

時代遅れとか効率が悪いとか、人によってはそう言うかもしれませんが、Coffee Tram では人力の手廻しロースターで長時間、じっくりと焙煎します。焼き具合は深炒り。酸味は感じられるか感じられないか、珈琲豆本来の甘味をトロっと引き出す ポイントで。抽出は手製の厚手ネルフィルターを使い、最初は「タチタチ・・・」と点滴で、そして「ツツー・・・」と糸を垂らすように、ゆっくりと、丁寧 に。濃厚で、澄んだ艶のある紅色の珈琲を、綺麗な白磁の珈琲カップで提供します。昔、珈琲発祥の地、イスラム教圏内では、珈琲は宗教儀式の秘薬や大切なお 客人をもてなす際に飲まれていたと言われています。今はすっかり身近な存在にな り、気軽に手に入れられて当たり前の珈琲ですが、だからこそ、手間と時間はかかりますが、大切に珈琲を作ります。
『たかが珈琲、されど、珈琲。』という思 いです。お店は昼のバーという普段隠された空間です。時々、店内を見回すと、夜、暗い中では、目を覚まし、人々と一緒にお酒や音楽や思想や友人や恋人や仕 事や、、、色々と楽しんでいるかのような空間も昼は目を閉じ、眠っているように静かです。夜とはまた違った雰囲気で、落ち着いて、ゆっくり、おくつろぎ頂 けることと思います。当店は、”自分の家”とは違う、”公の場に存在する、お客様方それぞれの空間”です。そういった小さな居場所があることは、人生をよ り豊かにします。その境界線の入口は、狭くて、少し入りづらいかもしれません。けれど、扉を開いたお客様に、いつもより、ちょっと貴重な一時を届けるため に。そして、あなたのその時の一息のために。

Coffee Tram

drip1

広告